記憶の彼方になる前に

観て忘れる前の記録

完璧な娘役をみた

宝塚歌劇団 花組  /  花より男子

(東京  赤坂ACTシアター

 

チケットが来てくれたので観劇

 不純な動機での観劇ではありましたが、

今回はなんといっても「城妃美怜は完璧だった!」の一言に尽きます。

柚香光はもちろん、特にしろきみちゃんのハマりっぷりは立派!そして完璧。
漫画の中から抜け出たようなヒロインでした。
あれだけできれば主演娘役にはなれなかったけど、次の公演で退団しても全く悔いはないであろう…

相乗効果で柚香光も熱演となり、アクトシアターレベルの演劇になっていました。

主演以下の男役陣は下級生の抜擢、そして今後の花組を牽引していく修行中!って感じ

だがだが、しろきみちゃんが完璧なら全然問題なし!

音くり寿の吹っ切れた芝居も良かった。音くりは出来る子だったんだなぁ。すみません、彼女の良さをわかってなくて。

 

 

しろきみちゃん、退団後は「レ・ミゼラブル」のエポニーヌやってもらいたいなぁ…などと個人的に思いました。

 城妃美怜に幸あれ!

海底へ…

OSK日本歌劇団 

SAKURA REVUE 「海神別荘 / Storm of  Applause」(京都 四条南座)

f:id:akoyan230:20190723113732j:image

ぶくぶくぶく…

7月のジメジメした俗世から涼しげな青い海の中へ行ってきました。

こーこは〜うみのそこ〜♪

 

ええと、これは「サクラ大戦」というゲームの登場人物の声優さんによる「歌謡ショウ」という舞台の劇中劇「海神別荘」をOSKが歌劇として上演する…ということでいいのかな?

…理解するまでしばらくかかった更年期おばさんであります…(本当にこれでいいのかどうかわからない…広井先生ごめんなさい…)

RPGというものを1回もやったことがなく(テトリスくらいしかできない)知識が全くありません。やってみたら楽しいんだろうけど機会に恵まれず…

ただのOSKファンが歌劇として観てるのでボケたこと言ってたらごめんなさい…

(歌劇ファンとしてもかなりボケてますが…)

 

・OSKにしてはセットが立派!

     (幕が上がってまず驚いたのはここ)

帝国歌劇団の様式に倣うとこうなるんですね。

いいな帝国歌劇団。お金持ち。

・元の「歌謡ショウ」はどこの劇場で上演したのか知らないのですが、今回新しくなった南座の盆が回りセリが上下し、当然スッポンも使っている…使える舞台装置はすべて使っていて、爽快な舞台構成でした。

・女房白藤と美女城月の盆が回りながらのセリ下がり、海の公子桐生麻耶が回っている盆を歩くのが超絶かっこよかった!

麻咲先生ありがとう(言い飽きてるけどまた言う…)

男役はブーツ履いてるけど娘役の衣装はドレスで足袋をはいているのでこれは和物…なんだな。日本文学だし。

ドレスに足袋…皆さん魚なので足音のないユラユラ感が出てよかったです。

・一番海の生き物だったのは(言い方へんだけどほめてます)女房白藤麗華。歩いている時もホント足がないのか?と思うほど(タコなんだよね?)フワフワと海の中感があって佇まいもユラユラしてるの〜すごい。

・海の公子桐生麻耶が地に足がついた感じなので(でもビジュアルはどうしようもないくらい海の公子)周りがユラユラで海の中感が出てよかったです。

タツノオトシゴの車に美女城月れいが乗って幻想的な嫁入り道中…(これが宝塚だとやたらキラキラして「海の妖精」とか周りで踊っちゃいそう)だけどここはOSK、シックにキメてくれました。よしよし。

僧都楊琳の仕事デキルキレル参謀感、博士虹架路万(輪っかドレス?)がコミカルに。

・愛瀬筆頭の黒潮騎士団(黒のお衣裳カッコイイ!地模様があるのよ〜)の殺陣のスピード感(マグロ?)と華月赤鮫軍団の上品な歌劇的ヤンキー感。

黒潮騎士団員は「青龍殿をお守りする!」感じがとてもいい。目がギラギラしてるの。

一方赤鮫軍団はハチャメチャキレてるけど上品な感じがよかった。お化粧はちょっと歌舞伎っぽく。殺陣はOSKなのでお手の物。

・演目発表があってから一応松竹歌舞伎シネマ「海神別荘」も観て学習はしたのですが、こちらはスッキリサッパリ短くなっていて話がわかりやすかったです。広井先生構成上手〜

・人が海で死ぬとクラゲになる

娘役のクラゲの皆さんの薄いベールすっぽり被ってのダンスが海のフワフワ感を増幅させていました。(私が死んでもあんな美しいクラゲにはなれまい…)

・海の公子桐生さんは「公子」というよりは「帝王」っぽい(ん?ウミノテイオウ…)。赤鮫軍団もひとりでやっつけそう…誰よりも強い…大きな劔(サメ退治用)小さな劔(美女用)と2本椅子に仕込んである。油断できない。

それでいて「早く嫁さんこないかな〜」的なセリフがあり、かわいい新郎である。

本編にはないけど、どうやって美女をみっけたんですかね?僧都楊さんが探しに行ったのか?はたまた水晶玉的な陸の上を見るものがあったのか?

・「円卓の騎士」でもそうだったけど、城月れいのちょっとキレたような芝居が物語を動かすのよねえ。美人は物語を動かす原動力になる(本人自覚なし)

・美女の化身、白蛇麗羅リコが踊るのよ〜ホント適材適所のいい配役。ヘビはリコちゃんしかできない!(思わず舞台写真購入。魔除けにしよう)

・ヘビ退治の場面で特別専科緋波亜紀さんが芝居をきゅっと締めてくれて。セリフ少しなんだけど、これは緋波さんじゃないとできないわ〜

・振り付け助手に元OSK男役真麻里都が入っているせいか、ダンスのそこかしこに「真麻の粉」が振りかけてある気がしました。辞めてガッカリしたけどダ真麻のダンスの粉をかけてくれてうれしい。真麻は劇団員みんなの中にいますよ!

・ラストシーンは「ん?エリザベート?」ぽい感じがあり(ウミノテイオウと人間の美女だもんな)それができる現在のOSKの劇団員と今回の配役。幸せをかみしめよう。

これが東京に行ったらどうなるのかなぁ?

…行かないんですけどね…

f:id:akoyan230:20190723103209j:image

*ホントはサクラパラソル持ってるんだけど、いつも忘れてしまう…(専用カバーもあってジュエリーボックスに入れる高待遇…それが仇となっているのか⁈)

時々お隣の席になった方に貸していただくというこのていたらく…今までお隣になった方々、ありがとうございます。

 

ガチャポンやったら麗羅リコちゃんと朔矢しゅうくんでした。わたし的大当たり!

 

Fate City に行ってきた

宝塚歌劇団 宙組  / オーシャンズ11

(兵庫 宝塚大劇場 )

 

OSK「春のおどり」松竹座公演を観てから地下鉄と阪急電車を乗り継ぎ宝塚へ。

f:id:akoyan230:20190702000351j:image

Fate love」のあとは「Fate  City」へ行ったわけ。

再演ものだしチケットは楽勝でしょ!と、勝手に思っていたが、よく考えたら105期生初舞台公演だった(゚ω゚)マジか!

しかも話題のあの方の初舞台じゃないですか!

チケット取れるかしらと青ざめていたら救いの手を差し伸べていただき無事観劇。

 

オープニングに初舞台生が紋付袴、板付きで登場するのは毎年同じとして、去年はひとさし舞ってたよねぇ?(実は去年の初舞台公演もなぜか観ております…)

今年はご挨拶だけだったんだけど、この違いは一体なんなのでしょうか?毎年違うものなのか?時間の関係?

OSKとて毎年新入団員加入公演て違うから歌劇の世界に一定はないのか…

また来年も機会があれば初舞台公演見てみたいと思います。

f:id:akoyan230:20190702000424j:image

私が観たのは初日から数回公演した後で、出来上がってる人とそうでない人がいるんだなぁと思っちゃった。

舞台としてはちゃんとしているので全く問題はない。そこはちゃんとしてますから全く心配はないんだけど「演じ方チョイ迷ってるよね?」みたいな人がチラホラ…初期は観てみるもんだ。

いつも東京でしか観ないから皆さんかなり出来上がってるでしょ?これからどう進化していくのか…東京の観劇予定が入ったので楽しみにしたいと思います。

今回オープニングでおお!と思ったのは今回で退団の蒼羽りく。イイ男じゃないか!退団オーラがそうさせるのか、気合いがいつもと違うのかはたまた役が合ってるのか?ナイスガイっぷりです。(今までのアレはなんだったのだろう…)花組版より歌う曲が減ったのがちょい残念。

機敏な動きを見せる「ハッスルメイツ」和希そら。お衣装がスカジャンからジージャンへ。

スカジャンの方がテカテカしてるから舞台映えすると思うけどねぇ…ちょい地味に見えます。

とはいえ、運動神経抜群そうなダンスのキレも芝居心も歌もいい。一回主演してるから押し出しも出てきた。(惜しいのは身長…と、96期問題。かといってあのルックスで清楚な娘役は無理ってもんで…)さあこれからどうなるのか?

そして今回退団の澄輝さやと、アッキーも今回で退団…

入り出でお見かけするとファンの皆さんにいつも丁寧な対応が好感度花マルだったんだよなぁ…

身長的にも立場的にも宙組の屋台骨が去って行く…今後のご活躍をお祈りします

(とってもステキな神戸マダムになりそう!←根拠はないけど…)

 

初舞台生のラインダンス、今年も銀橋で足上げしてたけど、心配性なおばちゃん(私のこと)の心臓に悪いのでやめてほしい…

初心者に狭い通路でダンスはあぶないよ〜〜

 

東京で観劇予定が入ってるので今回はこのくらい。

f:id:akoyan230:20190702000450j:image

 

 

 

 

 

 

チャンバラとタイ旅行

宝塚歌劇団 月組 / 夢限無双 ・ クルンテープ

(東京  東京宝塚劇場 )

 

斎藤吉正 &  藤井大介  のカップリング?に惹かれて観劇。ショー作家としては好きなお二人。はてさてどうなるのか?

f:id:akoyan230:20190614224237j:image

芝居は昔の映画の切りばりって感じ?

小説が原作というより、映画が原作のよう。

登場人物が上手からと下手からの登場がほとんどで、もうひとひねり欲しかった。

武蔵がただのわがままボーイに見えちゃったのも残念。見た目は凛々しい武士でしたが…

みやちゃんは万年青年の美しい佐々木小次郎でした。

f:id:akoyan230:20190614224254j:image

ショーは「藤井先生と行くタイ旅行記」という印象。藤井先生がタイ旅行に行って印象に残ったものがショーになってるような気がしました。

宝塚の衣装ってリメイクするんだー(°_°)

と、いうことをこのショーで知りました。

タイがテーマだけあって、キラキラというよりギラギラでした。

最後の「コップンカー!」でプラマイゼロの気分で楽しく帰途に着きました。

 

今年は観たものは記録に残す…の一念でやっとこれだけ記録。

大したこと書いてないなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスチル!

Mr.Childrenドームツアー

"against  A ll GRAVITY"(東京ドーム)

 

普段は歌劇ばかり観ている私ですが…

ミスチルのファンクラブに入ってる娘が頼んでもいないのにチケットとってくれたのでヨロヨロ出掛けて行きました。

何年振りだろ?東京ドーム。

f:id:akoyan230:20190520105723j:image

野球観戦では何回か行ったことあるんだけど、音楽ライブは初めて。観客5万人ですと。すごい〜

 

新譜をひっさげての全国ドームツアーだそうで…

デビュー当時は新譜が出る度CD買ってたけど、最近はご無沙汰…こんな調子でしたが楽しめました。やっぱミスチルはいいわ。

 

ミスチルメンバーの皆さん私と同世代なんだよねぇ。体力を勝手に心配してたんだ、実は。

ライブ開始から3曲くらい飛ばして行くのかな〜?さぞかしハイテンションで…と、思ってたんだけど、3曲やったけどそんなにスピード感ある感じではなくわりとのんびりめ。

暗転が意外と多く、ちょっとピヨ?っとしたのは娘には内緒だ。ロックバンドのライブ構成はなかなか難しいものなのか?

ドームツアーやれる売れっ子バンドなので舞台装置(光る舞台が電動で上がったり下がったり、ちょっとした生き物のよう…)、ライティング(もうギラギラっすよ。それでいてスッキリ)、流れる映像(巨大スクリーン8枚から16K?くらいのキレイな映像を映し出す。こんなすごいの初めて見た)全て一流どころのスタッフが使えるようで、やたらとハイセンス。

DVD販売があるからこのくらいないと映像として良いものにならないんだろうな〜。

ナマで見るのとDVDで見るのと迫力という点で印象変わるかも(きっとDVDの方がいいと思う)。

ストリングスもダンサーもなし、バンドサウンドで勝負!してるようです。小林武史と別れてからこんな感じなんでしょうか?

キーボードのおふたりが出過ぎず、それでいてサウンド構成にきちんとからんでいて、きっとこのふたりチョー上手い人たちなんだろうなぁ…(鍵盤楽器は出過ぎないのが本当に上手い人)

今回のアルバム「重力と呼吸」からと、往年のヒット曲を絡めた構成で最近の曲知らん私でもちゃんと聴ける、ヒット曲が沢山あるのっていいよね〜。「innocent  World 」やってくれた時は娘が何歳でどこで暮らしてたっけ?なーんて思い出にちょい浸りました。

 

何万部以上売れたヒット曲しかやらないライブとかやったら面白いだろうね。やらないだろうけど。

 

ミスチルを聴きに来るオーディエンスの皆さんは皆さん真面目そうな方ばかりで(意外と家族連れ多し)こんな人ばかりなら今後の日本は安心だわと思いました。

 

また話が戻るけど、ミスチルの皆さんは私と同世代、皆さんライブに向けて体力づくりして、練習して…しないとこんな大きな山は登れませんよね…

暗転がちょい多めなのは本人達の体力関係と、労災防止のためかと推測しました。

 

広ーいところでライブするのはミュージシャンを志す人なら誰でも持ってる夢。

その夢を体現したら、クォリティをキープせねばならず、養うスタッフが増え色々大変なんだろうなぁ〜なんて、娘には言わなかったけど考えながら帰ってきました。

ライブの感想に全くなってないよね…

f:id:akoyan230:20190520114509j:image

最近新譜を買わないのでセットリストも書けません…元々曲のタイトルを覚えないし…