からめる日記

日々の断片を書くはずが…

「レビュー夏のおどり」をみた

今回は複数回見たので

(もはや家族は何も言わなくなった…)

 

「せり下がりする鍵盤ハーモニカ(青)(白)」両方見られて、なんか達成感…

 

娘役の扇子投げはいつも手に汗握っていた(いつかの逆立ち思い出した…)

千秋楽は落としてたけど、落としちゃったら楽屋まで謝りに行くんですかね?

 

今回の娘役はドレスさばきならぬ単衣の裾さばきに苦心したのではあるまいか?

後ろの方の娘役が脱げそうになってたの見ました…ご苦労様です。

最後は3段飾りの雛人形みたいでした。

 

「ジャスト ダンス」オープニングの真ん中が愛瀬光になってるとか、白スーツが5人もいた!とか(これで悠浦さんいたらどうだったんでしょう?)前回やった時とメンバーが随分替わってるなぁとか…OSK観劇歴の短めのわたくしでも感慨にふけられるレベルで時の流れを感じました。

次回「ブラック&ホワイト」やる時も同じこと考えるんだろうなぁ。

(その時は絶対麗羅リコにはいて欲しい)

 

男役黒燕尾はものすごい緊張感を感じ、

普段ゆる〜く生きてる私なんぞは裸足で逃げ出したくなるほど。

最下級生までもが「男気」を発光。

高世・桐生レベルにはなかなか届かないけど、そこを気迫でカバーしたのが好感持てました。

振り付けの大谷先生素晴らしい!

私が見始めた頃は男役少なめで、男役群舞となるとちょっと辛いな〜と思っていた。最近の背の高い男役が増えたのはよかった。

椿りょうがメイクを変えたのか?垢抜けた印象。(肉眼で見ただけの印象ですが…)このままスクスク伸びて欲しい。

壱矢ゆうの表情が引き締まってきたというか…元々可愛らしい顔立ちが男役らしい感じになってきた。

たけふの妖精・穂香めぐみちゃんのダンスがOSKの娘役らしい形になってきたような?(なんでちゃん付けか?うちの子と同い年だからなんとなく)

今までの彼女にはない力強さとダンスの勘どころの良さがありました。

歌も下手ではないので来年のオープニングを狙っていただきたい。

背の高い男役が増えて、娘役が安定していれば高世さんも退団してもそんなに心配ないかな?

 

今回は荻田先生見たし(いつも思う。センセ、やせなはれ…)牧名さんの変わらぬ美しさもお見かけしたし(折原さんは見られず…)席が近い人はみんな優しく親切だったし(桜パラソルかしてくださった方、どうもありがとうございました😊)とても楽しい複数回でした。

 

私が劇団の心配しても仕方ないわけで、劇団がある限り提示されたものを見るだけ。

f:id:akoyan230:20180710205750j:image

全然関係ないけど、出張で泊まったビジネスホテルにあったの!

私のためのお茶かと錯覚しました

(そんなわけはない)

 

 

 

 

 

 

サヨナラショー

今朝、またDVDが届いた。

なんの間違い?と、思ったら

高世麻央サヨナラショー」ですって。

今回は2枚組…f:id:akoyan230:20180702210032j:image

 

松竹座のサヨナラショー、見ていないのでとってもうれしい😃

 

 

 

レビュー春のおどり DVD

 

5月に予約した「レビュー春のおどり」DVDが届いた〜!

 

今年もショーの曲の差し替え?

リズムは残ってるから〜ホネくらいはわかるかも〜?

「This is the moment 」がねー

やっぱりねーどうかな〜?とは思ったのよ。

他にもあったよねー

「ヒーハー!」はかろうじて入ってたけど曲はホネだけ。

 

もやはOSK名物か?

 

ほめたいところは、今年のDVDは編集が良かったような?

プロの仕事〜という感じがしました。

 

(一応なにか少しでもほめたい)

 

曲がよくわかんなくなってはいるものの、男役渾身の黒燕尾は映像でもよかった!隅々まで気合がみなぎっていてテレビの前でも泣けてきた。

 

CDの予約を忘れ、曲を脳内再生してみています。新橋でCD買わねば。

(これまた収録曲がね〜買うけどね〜)

 

サヨナラショー入ってないけど、まさかまさかDVD「高世麻央 ザ ラストデイ」なーんてまさか発売にならないよね…

 

This is the moment!

OSK日本歌劇団/春のおどり/大阪 松竹座

 

「せり下がりするピアニカ(青)」というのを初めてみた。

ホントはここはグランドピアノってとこなんだろうか…ピアノは練習大変だし、楽器の管理も大変だし…第一あのせりにピアノ入るのかな?というわけでピアニカなのか?

わたし、ことOSKに関しては大甘です。ピアニカがグランドピアノに見えました。(OSKのこととなると飛躍する妄想力…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜は散り際が美しい

 

満開の桜も好きだけど、散り際が好きだ。風に舞う花びらを眺めていると寂しいけど、美しいと思う。

 

真麻里都さん退団するんですねぇ…

 

最近の舞台を見ると清潔な中にも影のある男の色気というものを感じ、OSKでまだまだみたいな!と思っていたので心残りが〜

永遠はどこにもないんですねぇ…

 

「カンタレラ」のダンス、お衣装の銀色のプリーツがシャッシャッと揺れてカッコよかった〜

 

他にも思い出はありますが…語ると長いからこのくらい。

 

昨年の真岡公演、行っておいてよかった。というか、わざわざ真岡まで来てくれて本当にありがとう。

 

夏の終わりは大阪行こうかなぁ