記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録