からめる日記

日々の断片を書くはずが…

波をながめて…

レビュー夏のおどり/ OSK日本歌劇団 /新橋演舞場

f:id:akoyan230:20170903231133j:image

(新橋演舞場にてサクラ味アイス最中を食す…)

 

大阪行って神戸行って東京も行って…

夏が終わりました…

 

「春のおどり」「夏のおどり」

「 桜鏡 ~夢幻義経譚〜」

船が出てきて扇が舞い、盆がぐるぐる回ってセリが上がって下がって迫力があった。

(単純だから見た目に弱い…)

波の精が見せる殺気が物語に熱を持たせ「波が殺(や)りにきた!」とまで思わせた。義経一人ぼっちになってからの回想の歌のシーンにホロリ…(泣いちゃったのはナイショ)。

最後は若衆、娘が出てきて賑かに。

こういうカラッとした終わり方が好き。

「今までの話はみーんな夢!」って言ってくれてる気がするから。

 

「Brilliant Wave ~100年への鼓動〜」は…とにかく踊っていた。

 

・今年のラインダンスは脚上げが多かった。お客さんは脚上げの回数が多いほど喜んじゃう…(初めて観た人がビックリしてる。インパクト大事なんだなぁ)

・わたくしのツボは真麻さんと楊さんがユニゾンで踊るところ。ユニゾンなんだけど競い合っているようなじゃれてるような。

・今回の高世さんのフィナーレのお衣装が好き。白地にブルーの波の模様の総スパン?多分総スパン。

高世さんが青い海の妖精王に見えました(海の神ポセイドンだと強すぎてこわいのであくまで妖精王)。

 

夏が終わり、また日常に戻らないと。

当分OSK観劇はお休み。

今は 喘息を治そう…

 

ひいていった波、キラキラしてる波を遠くからでボンヤリ眺める日々…行きたくても遠くてなかなか行けない。

 

 

 

たけふ、一度だけ行ったことあります。

その時のことはそのうち書く…かな?