からめる日記

日々の断片を書くはずが…

「レビュー夏のおどり」をみた

今回は複数回見たので

(もはや家族は何も言わなくなった…)

 

「せり下がりする鍵盤ハーモニカ(青)(白)」両方見られて、なんか達成感…

 

娘役の扇子投げはいつも手に汗握っていた(いつかの逆立ち思い出した…)

千秋楽は落としてたけど、落としちゃったら楽屋まで謝りに行くんですかね?

 

今回の娘役はドレスさばきならぬ単衣の裾さばきに苦心したのではあるまいか?

後ろの方の娘役が脱げそうになってたの見ました…ご苦労様です。

最後は3段飾りの雛人形みたいでした。

 

「ジャスト ダンス」オープニングの真ん中が愛瀬光になってるとか、白スーツが5人もいた!とか(これで悠浦さんいたらどうだったんでしょう?)前回やった時とメンバーが随分替わってるなぁとか…OSK観劇歴の短めのわたくしでも感慨にふけられるレベルで時の流れを感じました。

次回「ブラック&ホワイト」やる時も同じこと考えるんだろうなぁ。

(その時は絶対麗羅リコにはいて欲しい)

 

男役黒燕尾はものすごい緊張感を感じ、

普段ゆる〜く生きてる私なんぞは裸足で逃げ出したくなるほど。

最下級生までもが「男気」を発光。

高世・桐生レベルにはなかなか届かないけど、そこを気迫でカバーしたのが好感持てました。

振り付けの大谷先生素晴らしい!

私が見始めた頃は男役少なめで、男役群舞となるとちょっと辛いな〜と思っていた。最近の背の高い男役が増えたのはよかった。

椿りょうがメイクを変えたのか?垢抜けた印象。(肉眼で見ただけの印象ですが…)このままスクスク伸びて欲しい。

壱矢ゆうの表情が引き締まってきたというか…元々可愛らしい顔立ちが男役らしい感じになってきた。

たけふの妖精・穂香めぐみちゃんのダンスがOSKの娘役らしい形になってきたような?(なんでちゃん付けか?うちの子と同い年だからなんとなく)

今までの彼女にはない力強さとダンスの勘どころの良さがありました。

歌も下手ではないので来年のオープニングを狙っていただきたい。

背の高い男役が増えて、娘役が安定していれば高世さんも退団してもそんなに心配ないかな?

 

今回は荻田先生見たし(いつも思う。センセ、やせなはれ…)牧名さんの変わらぬ美しさもお見かけしたし(折原さんは見られず…)席が近い人はみんな優しく親切だったし(桜パラソルかしてくださった方、どうもありがとうございました😊)とても楽しい複数回でした。

 

私が劇団の心配しても仕方ないわけで、劇団がある限り提示されたものを見るだけ。

f:id:akoyan230:20180710205750j:image

全然関係ないけど、出張で泊まったビジネスホテルにあったの!

私のためのお茶かと錯覚しました

(そんなわけはない)