からめる日記

日々の断片を書くはずが…

メサーイアー!

MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』/『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 

 

あんまりブログに書いてないけど、宝塚は師匠のお誘いとかチケットが降ってきたら(わかる人にはわかる)観ている。

最近はホントに自分から宝塚チケットを求めなくなってきた…みたい公演チケットは大抵取れないし、どーでもいいと思ってると何回も案内をもらったりする。

私に「おいで」と言ってくれたチケットでおとなしく観劇することにしている。

諸事情により花組宙組多めかな?

 

今日は師匠のお誘いで花組

 

芝居はセットが豪華〜だけど2階B席じゃキンキラキンの江戸城の天井はよくわからない。鳳月杏の嬉々としてやってる悪人芝居と瀬戸かずやの誠実な人芝居を堪能。

後半からゴスペル調「メサイア〜」合唱におののく。感動ミュージカルっぽい展開、盆を回し、セリを使い、大階段まで使ってみました的な構成に作者のこれからを感じさせました。

ショー。ウワサの水美舞斗を楽しみに行ったら、芝居は???だったものの(和物の所作は難しいよね…)、ショーは「全国ツアーお披露目公演〜ひとつよろしくね〜」みたいになっていた。いきなりポスターメンバーだもんね。

和物芝居ではちょっとロボットっぽい動きだったが、ショーでは水を得た魚🐟イキイキしている。

身体能力の高さを生かしたダンス(ハチとかウシとか)で今までのくすぶりを発散したかのよう。

も1人ウワサの舞空瞳は抜擢もあったのでよく見たけど意外と背が高く顔がちっさい。男役を選ぶタイプかも〜?

 

ショーのいろどりが「ANNA SUI」ぽくてデザインコラボでもしてるのかと思った。(そんなわけはない)

ビューテフルなガーデンだからお花をテーマにしたショーなのかしら?と思ったら特にそうでもなく…娘役のお衣装が花柄だから?(これまた遠いから最初は柄が分からなかった)

闘牛とか剣闘士とか出てくるし…ちゃんと根拠はあるらしいんだけど、タイトル通りにしてほしい…

「Super Voyager」とあんまり変わんないような?(3回も見てると覚えてるぞ!) ユズカとミナミが彩風と凪ショーに見えてしょうがない。

ユズカレイの謎の女装。脚はキレイだった。

舞台の上で男役が女役を押し倒す的な振り付けがあるのはいつもどうなのかと思う…生々しくてあまり好きではない。

あと、若手男役ユニット?みたいな韓流の曲を使ったりする景で観客を釣るノリノリ場面もそんなに好きではない。あーゆー場面でステキな男役を発見できた試しがない。

 

ユキちゃんの美脚に見とれ、花組のきっちり揃ったダンス、フォーメーションのキレイさに見とれていたら終わった…

 

宝塚は人がたくさん出てくるし、スタッフワークもキッチリしてるし、どんな作品でも見応えあるなぁ。

今回は芝居、ショーともに指揮者が西野淳先生だったので音楽は大満足。西野先生が振ると音楽がイキイキツヤツヤしてて気持ちがいい。

 

次は宙組2回見る予定。

和物ショー好きだからうれしい。