記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

夢の国のとなり

宝塚歌劇団  花組『Delight Holiday』

舞浜アンフィシアター

f:id:akoyan230:20181209230638j:image

夢の国のとなりに宝塚のショーを見に行ってきました。

明日海りおの体力で110分ノンストップショーができるか?余計な心配だったが、なーるほど、これなら納得。

「明日海りおをゆきちゃんちなつが超バックアップ!そして花組のゆかいな仲間たちもがんばるよ!」ってことになっていた。

体力は???だけど歌はバッチリ歌えるトップスター、喉が強いって素晴らしい。

f:id:akoyan230:20181210124038j:image

全席一律料金だったので、え?と思っていたのだが、半円状の客席で段差あり、どの席からも見やすい。これなら前の席の人の頭で見えなくなることもないね。ラスベガスでショーを観ている感じ。

(ラスベガス行ったことないけど…)

ひかるアイテムを使った盛り上げあり。宝塚メドレー、平成ヒットソングメドレーを全員で歌い継ぐとか「ディズニーメドレー」もあって、最後はお約束の?全員公演Tシャツとデニムで勢揃い。

ショーの合間にCMというかMCと言う名のインターバルはたまたブリッジを挟み、娘役の半纏トーク、若手を迎えてのトーク、、、そこにトップスターがいることは少なめ。フリートーク苦手そうだし体力温存しないといけないからか?

それでもトップは手押しのゴンドラに乗って歌うジャニーズ的演出でサービス。

 

明日海りおのエネルギッシュなステージ!と言うよりは「明日海りおが贈るサヨナラゆきちゃんそしてがんばる鳳月杏、城妃美怜」だったかなぁと…

 

会場がラスベガスっぽかったので、ご飯を食べないディナーショーっぽいのかな?と思っていましたが、コンサートでした。

企画力、衣装力、演出力のある宝塚ならでは楽しくて満腹っす。