記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

観劇はじめは「ON THE TOWN」

宝塚歌劇団 月組

「ON THE TOWN」(東京フォーラムC)

 

今年は観劇したら記録を残すぞ!

ということで…

 

珠城りょう、ありちゃん、おだちんのセーラー服に萌えました。

 

ストーリーは決まってるから仕方ないけど、濃厚な絡みもなくなかなか登場しないヒロイン…

新トップ娘役売り出し公演なのにいいのかな??

 

脇はみんな上手。大安定のナイスミドル輝月ゆうま、白雪さち花姉さんに歌わせておけば間違い無い(さち花姉さんだけ歌が異次元)随分年増女の上手い女役だなぁと思ったら蓮つかさ…

晴音アキの無駄遣い、娘役修行中天紫珠季があれだけ??と、思うといや他にもっと何かやりようが…ギギギ〜(ハンカチをくわえ嘆く音)

 

指揮が甲斐正人先生、ダイナミックなシンフォニック、バーンスタイン節が冴え渡ってました。

バーンスタイン生誕100周年イヤーだったから選んだ演目なのかしら?

月組生一丸となって頑張っていたけど、演出がなーんかとっちらかってた印象が…

 

 

これ、OSKでもっとコンパクトな劇場でみてみたかったなぁ…

上島雪夫先生演出で。

シンフォニックな生演奏は諦めるとして。配役は浮かぶの。笑。言わないけど。

きっとシンプルにちゃきっとオシャレにまとめてくださるに違いない。