記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

ハ〜レルヤ!!

「春のおどり」OSK日本歌劇団

(東京  新橋演舞場)

 

「春のおどり」観ました。

 

まずはぐんまちゃんにご挨拶…

f:id:akoyan230:20190329211628j:image

 

ざっくりざっくり言うと

「桐生麻耶、娘役取っ替え引っ替え公演」

て、感じでしょうか…

これは男(役)のロマンですきっと。

 

和物レビューではシラミで笑わせ(初日は観客がポカーン?だったのが最終日にはわかりやすくなってました。)

桐生さんが菅原道真になって帝楊さんと対決!とか「風の盆」ではふられまくる桐生さんとか。娘役は傘をかぶって表情が見えないから表現が難しい…切なさが伝わってきました。

ウワサの八木節も熱唱。(ぐんまちゃん!聴いてくれた?)

ながれでトップスター就任ご挨拶と新入団員お披露目(皆かわいい💕)さりげなく。

特に背景とか衣装にお金かけた感じは全くないんだけど、そもそも日舞ってなに?という私のようなものにもわかりやすいレビューでした。

 

洋舞ショーはね、

こーんなOSK初めて観た!

60分瞬きする暇もなく。

ヅカっぽくないってこういうことだったんだ!というのがよ〜〜〜〜くわかりました。

ショーってこういうものなんだ!

黒のコートのダンス!ゾクゾクしちゃった。

虹架さんのラップにおののき、悪魔の華月さんの存在感、天使の城月さんのお衣装!(詳しくは見てください)娘役に囲まれて歌う愛瀬さん。

作演出振り付けの平澤先生の頭の中が見えるような…まさに男のロマン

(使ってる曲が私と同世代⁇劇団員の皆さんの親世代の曲ですわよね。ホホホ…)

 

これはね、ナマで観なければいけない。よさがわからない。

ショーが好きな人は観るべき。

キラキラフワフワもいいけど、ごまかしがきかないものをたまに観てもバチは当たりませんよ。

 

これは映像ではきっと伝わらない(でもBR予約しちゃった…ハハハ…やっちまった…)

フィナーレ、持ち物もないし桐生さんは羽背負ってません。自己発光のみ。

スッキリサッパリでよかったです。

これがOSKでい!どんなもんでい!(大阪の劇団なのに江戸ッ子風)