記憶の彼方になる前に

観て忘れる前の記録

ワタクシ的春本番

    「春のおどり」OSK日本歌劇団

    (大阪  松竹座)  2019.4.13〜4.21

 

いつだったか、子どもの小学校の参観で、国語の授業で作文の発表があった。

その中で強く印象に残ってる一文

 

「ドキドキがムネムネしました」

 

まさに今はそんな心境ですこんばんは。

(多分「胸がドキドキしました」って言いたかったんだろうな…)

 

桜の季節の「春のおどり」ですよ。

以前、家族に「夏なのに春のおどり⁇」

なーんて突っ込まれた遠い日もあったが…

苦節数年、サクラの季節に「春のおどり」が観られる喜びを噛み締めてドキドキがムネムネしています。

 

「海神別荘」の配役も発表となり、

まさか美女は悠浦さん?なーんてことはなく、城月さんですよねぇ。

(千咲さんや実花さんがやったら幼女誘拐事件…)

登場人物のあまり多くない作品なので(松竹の歌舞伎シネマを観て勉強しました)、舞美さんはショーに専念でバランスを取るわけですね。

(舞美さんが女房というわけにもいかないよね…)

OSKにはOSKの「姫役者」がいると証明された気がします。

(今後の姫役者育成に期待)

 

「春のおどり」

ドキドキがムネムネの新橋演舞場の初日からパワーアップしてるはず…楽しみです。

 

f:id:akoyan230:20190410105658j:image