記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

チャンバラとタイ旅行

宝塚歌劇団 月組 / 夢限無双 ・ クルンテープ

(東京  東京宝塚劇場 )

 

斎藤吉正 &  藤井大介  のカップリング?に惹かれて観劇。ショー作家としては好きなお二人。はてさてどうなるのか?

f:id:akoyan230:20190614224237j:image

芝居は昔の映画の切りばりって感じ?

小説が原作というより、映画が原作のよう。

登場人物が上手からと下手からの登場がほとんどで、もうひとひねり欲しかった。

武蔵がただのわがままボーイに見えちゃったのも残念。見た目は凛々しい武士でしたが…

みやちゃんは万年青年の美しい佐々木小次郎でした。

f:id:akoyan230:20190614224254j:image

ショーは「藤井先生と行くタイ旅行記」という印象。藤井先生がタイ旅行に行って印象に残ったものがショーになってるような気がしました。

宝塚の衣装ってリメイクするんだー(°_°)

と、いうことをこのショーで知りました。

タイがテーマだけあって、キラキラというよりギラギラでした。

最後の「コップンカー!」でプラマイゼロの気分で楽しく帰途に着きました。

 

今年は観たものは記録に残す…の一念でやっとこれだけ記録。

大したこと書いてないなぁ…