記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

笑って泣いてサヨウナラ

宝塚歌劇団  星組

 ミュージカル・フルコース

『GOD OF STARS-食聖-』

作・演出/小柳 奈穂子

スペース・レビュー・ファンタジア

Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』
作・演出/酒井 澄夫

(東京 日比谷 東京宝塚劇場)

 

ひっさしぶりに宝塚歌劇見て泣いちゃった。

星組トップスター 紅ゆずる退団公演である。

以前ここで書いたけど、宝塚を見るようになって初めていいな!と思ったのが紅ゆずるであった。

メイちゃんの執事」通ったなぁ…千秋楽はもらい泣きしちゃった。紅5、紅子で人気爆発?ちょっと面白い出世の仕方をしたジェンヌさんでした。

 

お芝居のストーリーはマンガ(それも少年マンガ「ジャンプ」とか「マガジン」)のよう。「ミスター味っ子」とかそんな感じ。くっだらない(失礼!)けど筋は通ってて面白い。で、最後はホロリとさせて…そして何よりも良かったのはそれぞれが儲け役で誰もソンしていないこと!

組子の持ち味を生かした配役(若手をまとめてアイドル役にしたのは絶妙!)それぞれ見せ場があり、それぞれの場面で各自がはじけてーの総合的に盛り上げてーの、トップスター送別という着地点にストンと着地した。お見事!

退団公演ていうと、「1人で旅立っていった」(モクモクスモーク付き)的なのがあったりするけどそれはなく、劇中にトップによるラップまで飛び出し、紅さんらしい賑やかな最後、組子全員登場でニッコリ(^^)あったかい最後でした。

みられてよかった〜

 

ショーは酒井先生らしい優雅な作風で(スペースなんちゃらなタイトルは⁇)トップスターを送るにはピッタリ。

(ダンスの得意ではない)トップに合わせた酒井先生の優雅なレビュー、

出世作「スカーレット・ピンパーネル」新人公演でお世話になった指揮者佐々田先生、そして小技の色々効いた小柳先生のお芝居。

全ての符号が一致していて劇団からの愛を感じる…

 

紅ゆずる・綺咲愛里トップコンビに笑って泣いてサヨウナラができました。