記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

ハムレット…

ハムレット

(東京 銀座博品館劇場)

 

オギー信者なので観劇

荻田浩一×シェークスピア 

私は初めてです。他にもやってるのかな?

 

ハムレット・矢田悠祐クンありきの作品

「矢田くんにハムレットやらせたらどうなるのか」がとっかかりの作品だったそうで…

オギーが彼向けにミュージカルに書いてくれたけど、演じる側にどうも消化不良感が感じられ…せっかく荻田先生が書いてくれたのに〜

 

オギー作品はいつもDVD注文してしまうんだけど(彼の紡ぐ言葉のシャワーをたまに浴びたくなるのだ)、今回は注文しなかった…

 

とにかく、目を引いたのは

オフィーリア・皆本麻帆、クローディアス・舘形比呂一、ガートルード・彩輝なおのお三方

 

他の6人のキャストももちろん歌も上手いし、動きも機敏なんだけど、役に対してアクがないというかキャラ立ちがちょっと弱く、私のような「はじめまして!」の観客には見分けるのが難しい。

2.5次元ミュージカルによく出てる方たちだそうで、見たことない私にはちょっとテンションがわからず辛かった。

 

キャストの中でもクローディアス・舘形比呂一とガートルード・彩輝なおはベテランとして舞台を牽引し(あれ?それでいいのかな?)、オフィーリア・皆本麻帆は透明感があり(透けて見えそうだった!)、ヒロインとしての役割を十二分に果たしていました。

イケメンハムレットが舞台にいても、クローディアスが出てくると全部持っていっちゃう。

(私がそう思ってただけか?)

オギー作品には必ずディーバがいるが、今作品のディーバは舘形氏ではないかと思ってしまうほど。

チョーかっこいい!私がガートルードでも葬式と結婚式一緒にやる!ダンサー出身のこなし、ベテランならではの居住まいが素晴らしい。

クローディアス目線のスピンオフ作品を妄想してしまった…

 

矢田ハムレットの「頭がおかしいフリをしている実は賢い王子さま」というのがちょっと私にはわかりにくく…基本ハムレットってそういう物語だからそう見えて欲しかった…

シェークスピアを演じるのは難しいねぇ…