記憶の彼方になる前に

観ては忘れる観劇記録…

「ダル・レークの恋」の記憶

「ダル・レークの恋」

宝塚歌劇団月組

(東京 赤坂ACTシアター)

最近月組にご縁がある気がします…

原作が菊田一夫先生なので、星組の「霧深きエルベのほとり」に意外と感動しちゃった過去があるので観劇。

 

いやもうこれは月城かなとの男役の色気爆発作品。色気がすごいの〜

名セリフ「来るんですか、来ないんですかどっちなんですか」って言われたらアタシなら行っちゃいます。ホイホイ行っちゃう。

身分がどうあろうとイケメンなら!

 

そんな気持ちにさせる魅力的な男を演じていらっしゃいます。

例の「来るんですか…」のあと、例のベッド…タマラくらげちゃんを熱く見つめながら、ターバンをハラリ…すると長い黒髪が…ここに私はサイコーに萌えました。

黒ロン毛レイコサイコー!!

(地毛→ロン毛ウィッグ→ターバン、れいこさんの頭皮が心配です…)

その後のことはアタマがクラクラしてよく覚えていません…

(鼻血が出なくてよかった!)

黒髪ロン毛つながりでレイコ版「仮面のロマネスク」とか「大海賊」とかジェローデル様とかやってくれないかな〜などと思いました。

とにかく、れいこの黒髪ロングヘアー!!

 

「悪党」「浮き草暮らし」「無頼漢」etc…

とにかく古い人生観、現代日本で既に「?」となったワードが散りばめられたセリフを堂々と現代の月組メンバーが立派なお芝居にしてくれています。

かえってこのくらい清々しく古臭い方がレトロ宝塚、一周半回った感じで面白いのかもしれない。海外ミュージカルとはまた違った面白さがあります。

 

 フィナーレのインド映画風ダンスの群舞が出演者全員の勢いがあってスカッとした。

話の最後、タマラがパリの街をラッチマンを探して彷徨っていた場面、私の心のモヤモヤはフィナーレダンスでチャラになりましたとさ。

 

「WELLCOME TO TAKARAZUKA」を見た記憶

ショー「WELLCOME TO TAKARAZUKAー雪と月と花とー」

ミュージカル「ピガール狂騒曲」

宝塚歌劇団 月組 (東京宝塚劇場)

 

着物の着付けできないけど、和物ショーが好きです。

宝塚に関して、通常は2階B席の住人ですが、このご時世なので友の会入ってない、個人ファンクラブ入ってない、なんのコネもないのにS席がやってきてくれました。

(今だけ今だけ今だけ…)

 

和物ショーという事で、和服の方がチラホラ…

(すごい…歌舞伎座新橋演舞場明治座と浅草公会堂と宝塚に和服で行く度胸はアリマセン…いや、行事事でもないと着物着ないけど)

 

チョンパの幕開けには心躍りますが、コロナ対策で出演者人数少なめなんだよね…あれれ

(少ないのはOSKで慣れてる)

人海戦術の宝塚にもコロナの波が…

ショーの中の歌も録音なんだとか?

徹底した予防対策

コロナの影響がこんなところにも…

音楽は和物なのに和楽器があまり表に出ておらず、ちょっとさみしい…いいけどね!

こちらも録音。空のオケボックスには橋?が左右に渡してあり、そこからスターの皆さんがスリスリやってきてくださる喜び。

オケ無しの悲しみを癒してくれます。

 

松本悠里先生の雪の場面。

エミコ先生、実年齢はきっとウチの母くらい…

雪の降る情景の中、切ない女の情念を舞ってらっしゃいました。

エミコ先生で日本舞踊版「瀕死の白鳥」とかの方が見てみたかったなぁ…というのが本音。(「瀕死」っていうのが生々しくて却下かなぁ…)

長い長い間私たちを楽しませてくださってありがとうございました。

(同期のお花渡しどうすんのかな?って思ったんだけど、退団セレモニーはなかったんですね…)

 

中詰めにいたっては、クラシック三昧。

月光の下での群舞、ライトは暗め、お衣装も黒、黒いベールまでかけられちゃあなにがなんやら、誰か誰やら⁇名札つけてぇ!

なんて言うのはヤボなのか?

(すみません無粋な人間で)

この場面だけはいつもの2階席で見たかった…

和物ショーの群舞といえば「和物でボレロ」。

向こうを張るのはなかなか難しいか。

和物ショーが減っている昨今、生徒のみなさんの日舞の技術レベルの維持も大変でしょうねえ。

退団が決まっている珠様の若衆姿が見られてよかったです。

 

ミュージカルの方は…

月組は好きなんだけど、トップ娘役・美園さくらのお芝居のセリフのクセが実は苦手…

でも首席入団なんだからすごいんだ!こんなすごい人はトップにならなきゃおかしいんだ!と、自分に言い聞かせながらみました。

(思い込み大事!)

月城かなとと風間柚乃と鳳月杏のコメディ担当に笑い、珠城りょうの二役にドキドキ…

(何故か女性に見えない…)

ドキドキしつつも、珠城りょう退団後の月組って番手が先細りしてないか?などと感じてしまい…

風間柚乃より下の下級生が地味におとなしく感じられ、この先、月組大丈夫?星組みたいになったりしない⁇

心配になっちゃった。

組み替えで戦力補強した方が(意外に水美舞斗とか…都合のいいこと言うな!って言われそう…)いいかもしれないなどと思いました。

 

基本的に月組も和物ショーも好きなので、見ておいてよかったです。

 

 

 

 

言っちゃうのか…

以前、宝塚好きの友人に誘われて

元宝塚スターさんのトークショーというのに行ったんです。

元宝塚のスターさんだった方なので、当然宝塚愛についてもお話してくださるんですが、宝塚にいた方が、かっならずと言ってもいいほど言う一言…

 

「✨世界で男役が存在するのは宝塚だけ✨」

 

この人も言うのか…

このお方が知らないはずはない。他にも男役がある歌劇団をご覧になったことがないとは言わせないぞ!

(OSKの公演で見かけたことあるもん)

同業他社・他劇団に対するリスペクトってないのかな…なんだかな〜

栄光の宝塚歌劇団出身というプライドが許さないのだろうか…

 

誘ってくれた友人の手前、「面白かった〜」ってニコニコしながら帰ってきたけど、心の中はどんより…😔

 

その元ジェンヌさん、ちょっと好きだったのに、その一言でしおしおとなったワタシのキモチでした〜

おしおしお〜(アタシの気持ちのしぼむ音)

 

みたかったな「チェーザレ」

 

未だにグズグズと観劇への想いが未練がましく残っている作品、それは

 

チェーザレ〜破壊の創造者〜」(明治座)

 

みたかったな〜

私のアタマの中のチェーザレ・ボルジアは桐生さん(「カンタレラ」見たから)なので、脳内変換しながら見ようかと思っていましたが、いやいやyoutubeで見たチェーザレ役の中川晃教くんすばらしいじゃないですか!彼の野心あふれる戦う男、チェーザレ見たかったな。

豪華出演陣、豪華お衣装、明治座初生オケ、、、そして脚本は荻田浩一

どれをとっても見てみたかった〜

無理を承知で言ってみるけど、

中止が決定する直前まで稽古したと思われるので、できることなら同じ座組みで明治座でいつか見られるといいな…

などとボンヤリ呟いてみました。

 

まだ公式HPあった〜✨!

可能性は0ではないということか…?

 

色々あって今がある

ここ数日、アクセス数が多く(当ブログ比)ビビっています…

ここは私が好き勝手なことを書き、間違えても訂正もしない、とんでもないブログだというのに!

 

あまりにもアクセス数が増えると、いつか天罰が下るんじゃないか(間違いと勘違いばかりだから)…そんな気がしています。(そこまで悪いことは書いていないと思いますが…)

書くの、やめてしまおうか…

 

ご覧の通り、ここは「OSK日本歌劇団」という女性のみで構成された劇団を偏愛気味に語るブログとなっています。

とはいえ、OSKの舞台をすべて観劇しているわけではなく、たまたま観劇できたOSKの舞台に関して語るという極めて自分勝手なブログです。

 

 

今日はOSKを見始めたきっかけなど長めに書いて嫌がられようかと思います。

とてもとてもつまらない話です。

以下は読まない方がいいと思います…

 

 

 

 

 

*********************

 

 

 

OSK日本歌劇団の観劇を始めたのは2012年の東京再進出を始めた時でした。会場は三越劇場でした。

 

当時、私は3人の子どものワンオペ子育ての終わりを迎えつつありました。

2.3年ごとの転勤と引越し、夫の単身赴任、とても忙しかった…

おしゃれもしない、化粧もあまりしない、行動は学区内のみ、あまり器用ではないので仕事と家庭の両立なんてムリ、専業主婦を貫いていました。

その頃は介護こそしていませんでしたが寝たきりとなった、舅、姑、実父の見舞いを欠かせませんでした。

 

そんな「自由のなさそうなつまらないお母さん」を見て考えるものがあったのか、ある時、小6の末の子どもに「私たちだけを見ていないで。お母さんは自分の楽しみを見つけて」と言われてしまった。

どうしたらいいのか途方に暮れてしまった…

子育て以外、家事以外なにすりゃいいのかな?

その頃は実父、舅、姑が次々と鬼籍に入り、なんか頭がぼんやりしていました。

さて、これからどうしよう…

 

「何かハマるものがあればいいのかな?そうすれば出掛けるようになるかもしれない」と考え、クラシックからジャズからコンサートに行ってみたりしたけれどどうもしっくり来ない。

 

そんなモヤモヤした気持ちを抱えつつ生協で割引になっていたのもあって、ふらっと行ったのがOSKの舞台でした。

十数名でやっているとは思えない程の早変わりの連続、溌剌とした舞台にビックリ!やや!なんだこれは?

そして朝香櫻子様(あえての様付けです!)に心を射抜かれ、驚きと驚きで

「またこの劇団が東京に来たら観よう」心に誓ったのでした。

以来、OSKの東京公演を心待ちにするようになったのでした。

 

人間、段々欲がでるものです。

「一度でいい、大阪の松竹座というところでやっている「春のおどり」というのを見てみたい」と、思うようになり、そのためにはお金が必要…ということで、アルバイトを始めました。

チケットを買うにはクレジットカードがあると便利ということで、生まれて初めてクレジットカードを作ったりもしました。

出掛けるには多少おしゃれをしないと…お化粧をそこそこするようになり、お出かけ用の服も買うようになりました。

私の中の私が段々外向きになっていくのを感じました。

 

初めて松竹座に行った時は帝国劇場に行った時よりドキドキしましたね〜

当時はまだ劇団員がほぼ全員出演だった「春のおどり」

東京になかなか来ない劇団員を見た時の感動ったらなかった。

当時のトップスター 桜花昇ぼるさんの自己発光力スターっぷりにたまげました。

 

日生劇場の「春のおどり」の時は涙が出るほど感動しました。だって、当時の全員集合ですもん!(そこか?)

 

そんな感じで、OSKのことになるとひとり浮かれる私に家族は呆れているけれど「ハマるものができてよかったねぇ」って言ってくれます。

あれからどもたちはそれぞれ独立し、それぞれの人生を歩き始めた事を思うと

「あの時、ハマるものを作っておいてよかったな〜」って思います。

あの時の、末っ子の言葉を聞き逃さなくてよかった。あれは私の心の声だったのかもしれない。