記憶の彼方になる前に

観ては忘れる観劇記録…

「上野の森バレエホリデイ」にprecious stones を見た記憶

f:id:akoyan230:20220429231300j:image

上野駅改札出てすぐの東京文化会館OSK日本歌劇団のミニショーを見に行ってきました。

ミニと言ってはいるものの、結構たっぷりやってくれたような…

 

ブルックリンパーラーでやったそのままやるのかと思ったら、全編歌いっぱなし踊りっぱなしの

熱いショーでした。(練り直したのね…これでよかったよ!小芝居なしがいいよ!)

登堂結斗と琴海沙羅をナマで見るのは久しぶり…(昨年の「夏のおどり」以来か?)

他のみなさん(蘭ちさと、瀧登有真、花うらら)は「春のおどり」で見ていました。

 

登堂結斗が座長ということで、実は若干の不安があったんですけれども(ファンの方には申し訳ない…)

いやいやどうしてどうして、立派な主演男役でしたよ!びっくりした!

ダンスが上手くなった…というか型が決まるようになった?

持って生まれた高身長から繰り出すダンスがスッキリかっこよく決まるようになっていた。

歌は元々下手じゃないけどさらに低音が響くようになり、それに合わせた踊りも危なげなく、

相手役琴海への包容力もあって(リフトもしてた!)成長を感じて泣きそうになってしまった位でした。

そりゃそうか、もう9年目か…南座公演のポスターメンバーにもなったし、芝居心はある方なのでそっちの心配はなさそう。

相手役琴海沙羅は歌が上達したな〜。「ラプンツェル」からのナンバーは聞き応えがあった。

歌から物語が見えてくるようになった。

男役2番手瀧登はラテンのソロダンス。

熱い男役でした。舞台狭しと踊りまくってちゃんと一人で空間を埋めている頼もしさ。

蘭ちさとがあんなに声が伸びて歌がうまいとは知りませんでした。最近はニコニコできるようになってきた。

花うららは「春のおどり」でも堂々たるソロを披露してくれたので何も言うことなし。

元々舞台姿の品の良い方なので下級生だけど心配がない。

最後はお約束の桜パラソルをやってくれました。

登堂結斗が真ん中でパラソルを回しても違和感なし!堂々の最上級生でありました。

なんにも知らない人は登堂さんがトップスターだと思っちゃうかもね⁇

 

会場の東京文化会館小ホール(公称649席、感染防止のため?最前方付近は空席にしてあった)に

さすがに満席とは言わないけどかなり席が埋まっていて出演者のみなさんも舞台に出てきてびっくりしたんじゃないかと勝手に想像しています。

あたしも驚いたわ

ショーの後、バレエ関連のWEBライターの方が司会のトークコーナーがあって

OSKの紹介とか100周年の話とかを5人で話し、終演となりました。

 

観客は普段バレエとか見てる方が多かったせいか?

ちゃんと集中して見てくれていたのもよかったです。

(大劇場公演だと意外と観客がカオスだったりするから…)

ちなみに4月29日は「世界ダンスデー」だそうです。

また来年も呼んでくれますように…

f:id:akoyan230:20220430002906j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「レビュー春のおどり」を見た記憶…

どの場面にも華蓮いろはが出ていた印象

(かつての真麻里都を思い出す)

昨年の「夏のおどり」でも踊りまくっててスゲーってなった記憶。当時は肩で息してる時もあって、諸先輩方との差を感じたけど、今回は安定。(って、慣れるの早いな!)

 

麗羅リコが去った後の、心の隙間を埋めてもらえました。

 

「レビュー春のおどり」を見た記憶…

ずーっと以前に華月奏が「バダム・バダム」というシャンソンを歌ったのを聴いてとても良かったんです。

ちょっと甘くてビター…みたいな歌声が。

それ以来「華月奏はシャンソンが似合う男役」がアタマにインプットされておりまして〜

今回シャンソンさくらんぼの実る頃」のソロがあって嬉しかったです。

ボサノバ風アレンジもよかった〜

ビターで甘くてちょい退廃風味

(この曲、著作権的に映像化大丈夫なのか心配…海外曲の著作権は難しいと聞いてます)

 

荻田先生ありがとう〜(何千回も言ってる)

「レビュー春のおどり」を見た記憶…

Twitter風に思いついたことだけ書くシリーズは続く…

(Twitter始めた方が早いような気がしてきた…)

 

 

今回の裏テーマ「最後ろの席から少しずつ前の席へ」をやってみました。

2階席を取るのは忘れたんだけどね…💧

 

段々といろんなものが見えてくるね。

後ろだから何も見えないわけではなく、OSKお得意のダンスのフォーメーションを楽しむとか、後ろの若手の動きとか発見があったりするわけですよ。

今回は舞台装置がガンガン使われていたので、これもまた楽しかった。

3階席から見ると四角いブラックホールのような空間が…一体誰がセリ上がり?上から見るとこうなってるのか〜って感心しながら見るとかね。

盆が回る速度も速い遅いあるんだなぁとか。

盆が回りながらセリ上がりっていう荒技?も見えたし、舞台装置の勉強してる人(そんな人いるのかな?知らんけど。ま、一応)の勉強にもなるんじゃないかな〜

 

で、段々前の席に行くと、今度は別の細かいものが見えてきて…

第一部「光」「夢の巻」で白夜太夫唯城ありすが青いドレスに変身した時、アームカバーにキラキラがついてるんだ〜に感心したり、「月の巻」で楊琳の手からキラキラの粉が出てきてびっくりしたり(どうやって仕込んであったのか?)