からめる日記

日々の断片を書くはずが…

輝きはつづく

「いつまでも いると思うな 歌劇人 」を痛感しました。

娘役スター 恋羽みう 退団発表。

ショック〜〜(;o;)泣きたい〜〜

 

劇団発表が「スター」扱いなのが嬉しくもあり退団が悲しくもあり。

どうすりゃいいんだこの気持ち。

 

大学中退後、OSK に入られたとか…

研修生の時のラインダンスの映像を見たことがある。

恋羽さん首席の83期は研修生なんだけど既にプロだった…

 

ヅカの師匠が言ってた「娘役は惜しまれるくらいがちょうどいい辞めどきなんです!(力説)」の言葉が頭の中を渦巻いています。

そう思って気持ちをこらえよう。

 

OSKのスター は「芸を積み重ねてきた自己発光力」を見せてもらってる気がする。

素敵な輝きを見せてくれてありがとう。

とはいえ、まだ退団したわけじゃないから、これからも輝いていただいて全然OKですので!

 

退団後、何をするにしてもOSK での経験を心の糧に心豊かないい人生を歩んで欲しい。凛と前を向いて。