からめる日記

日々の断片を書くはずが…

OSK版 三銃士 東京公演

銀座博品館劇場  2/25  東京公演千秋楽

東京でのOSK版「三銃士」も見納め。

途中、舞台セットにアクシデントがあったようですが (なんか倒れた?)数分後、上演再開となりました。

 

前回書いた通り場面転換が多くてスピード感がある作品。

上演時間2時間40分(休憩15分含む)。

長いと感じるか短いと感じるか。

「はやみ先生節」(今風の言葉によるセリフ)が各所に散りばめられていて、うわーでたーと思ってるとキレキレダンスのショーシーンで(╹◡╹)わーいっとなり、ボーッとする間も無く爆音にひゃーっとし、OSKで今まであんまり見たことなかったラブシーンに驚き(やれと言われりゃできるんだなぁ…もちょっと濃厚でも…コンスタンスは人妻だが…)三銃士の熱い友情と高世さんの退団が重なりジーンとする…作品でした。

個人的に褒めたい方はたくさんいますが、大阪公演も控えてるのでこのくらいで…つづく(思い出したらまた書きます)

 

最後に…

パレードの高世さんのお衣装に「アメリカっぽさ」を感じたのは私だけでしょうか?

 

今日はカーテンコールは「桜パラソル」の後、3回?最後はスタンディングで。

鳴り止まない拍手にひたすら照れて驚く主演…それに突っ込むアトス楊さん。

ノリノリになった結果、なぜか観客の我々まで振り付けを受け、場内みんなでキメポーズ。

大阪ではもっともっと盛り上がるんだろうなぁ。