記憶の彼方になる前に

観劇は常に口を開けてボーッと。観て忘れる前の記録

真夏の雪

宝塚歌劇団 雪組  

壬生義士伝  / Music Revolution!

(東京 宝塚劇場)

 

お誘いいただき観劇。

今回覚えた岩手弁は「おもさげながんす」

学生時代岩手の子が何人かいたけどこんなこと言ってたっけ?

「和物の雪組」なのでトップ在任中に一作はマストな和物、今回は新撰組もの。

水色の羽織がお素敵でした。みんな好きだよね~?

 

雪組選抜メンバーがテレビに出たそうで…(あまりテレビ見ないので知らなかった…)

そのせいかなんなのか?

朝美絢が出てくると拍手が大きかったような?

SNSでも話題になってたそうで…(同行の友人情報)

以前「声が甲高くてビックリ」って書いたけど、かなりお稽古したのか声変わりしたのか男っぽい斎藤一でした。きっとスター街道を行くんだろうなぁ。

新選組なので男話!娘役は気の毒…その分ショーで発散してたけど。

原作のあるお芝居なので、破綻がなく見やすい。

新選組が「正義の味方!」風ではなく、人の心のいやらしさが出ていて私は面白かったけど、宝塚歌劇としてはどうなんですかね?

いつも思うんだけど、だいもんは死ぬ芝居が上手いよ。切腹のシーンなんかアタシまでお腹痛くなったもん。

ショーはキラキラお衣装だし、トップコンビの歌うま持ち味出てるし、よかったです。