記憶の彼方になる前に

OSK日本歌劇団と宝塚歌劇団を観て忘れる前の記録

ファントム みた

宝塚歌劇団 雪組 「ファントム」(東京宝塚劇場) またまた宝塚。 チケ難というウワサだったから諦めていたんだけど(いや、最初から努力してないだろ…)お誘いいただき観劇。 なんと役替わり2バージョン見られた! 以前 日生劇場で「ラブ ネバー ダイ」見たこと…

夕べの夢は消えゆくばかり

OSK

OSK日本歌劇団 / 円卓の騎士 ( 東京 銀座博品館劇場 ) OSKと荻田浩一のコラボももう3回目。 「Stormy Weather」(2015) 「ハイダウェイ」(2017)に続き満を持してミュージカル(歌劇)での登場。ついに来た、とうとう来た。 実はアーサー王伝説ってよく知ら…

観劇はじめは「ON THE TOWN」

宝塚歌劇団 月組 「ON THE TOWN」(東京フォーラムC) 今年は観劇したら記録を残すぞ! ということで… 珠城りょう、ありちゃん、おだちんのセーラー服に萌えました。 ストーリーは決まってるから仕方ないけど、濃厚な絡みもなくなかなか登場しないヒロイン… 新…

2018年まとめ

ブログに書いてない作品多数… (私の感想なんて自分で読んでも面白くもなんともないから余程気持ちが盛り上がらないと書かない) 今年は宝塚に関しては自らチケット取ったのは1回もありません…誘われたら行きます的観劇。故に2階B席多数… 「エリザ…」は東西チ…

白い手

テキトーな観劇の私でもたまーーーーにごく稀に「演者の方と握手、もしくはハイタッチ」的なことになってしまうことがある。 (小声:実は舞台の上の人との握手ってあんまり好きではない…) 日々芸事に真剣に向かい合う修験者のような演者の方と手が触れる、、…

夢の国のとなり

宝塚歌劇団 花組『Delight Holiday』 舞浜アンフィシアター 夢の国のとなりに宝塚のショーを見に行ってきました。 明日海りおの体力で110分ノンストップショーができるか?余計な心配だったが、なーるほど、これなら納得。 「明日海りおをゆきちゃんちなつが…

メサーイアー!

MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』/『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』 あんまりブログに書いてないけど、宝塚は師匠のお誘いとかチケットが降ってきたら(わかる人にはわかる)観ている。 最近はホントに自分から宝塚チケットを求めなくなってきた…みた…

ヨコハマ…

ドーン! 日産自動車グローバル本社 このビルの1階がギャラリーになっていて、ここでOSK日本歌劇団がレビューショーをやってくれると聞いて更年期障害でヨロヨロなんだけど、年内にOSK見る予定がないので出かけて行きました。 OSKの皆さま、わざわざ大阪から…

SAKURA TIMES

OSK

すっごく久しぶりの「SAKURA TIMES」、公演チラシもたくさん同封されていたのだが(公演中のロビーにあるやつですよ)その中に OSK日本歌劇団研修所の生徒募集チラシが…97期… 今年から東京でも入所試験やるんだ 驚いた!でもその方がいいよ! やる気のあるお嬢…

「My Dear〜 OSK❤️ミーアンドマイガール」

OSK

OSK日本歌劇団男役スター・真麻里都退団公演「My Dear〜 OSK❤️ミーアンドマイガール〜」(近鉄アート館) 麻咲梨乃作・演出・振付でお話しは「ME AND MY GIRL」がベースだけれど、設定・楽曲共に違うのでこれはこれでありかと… ベースの作品を知っているので「…

「エリザベート」で好きな役

大劇場で月組公演が始まりましたね。 観劇予定は全くありませんが… こんなこと言い出したらキリがなさそうですけど、おそれを知らずに言うならば「エリザベート」で私の好きな役はズバリ 「スターレイ夫人」です。 残念ながら一幕は出てこない… 一幕は一幕で…

新人事

OSK

OSKの新トップスターが桐生麻耶さんに決定しましたね。 安定感がいいんです!!! 安定なくして前進なし。 基礎無くして応用なし。 桐生さんが真ん中に立ったとて、なんの違和感も全くない。いいじゃないですか!この無敵さ! OSKの行ける所(東京、大阪、京…

ボレロ

OSK

新橋公演でやっとCD購入… (入ってる曲数少な…だけど買っちゃうファン心理) 今さらだけど、今年は一部も二部も盛り上がりがボレロのリズム。 松竹座で見たあと、なーんか頭の中をボレロのリズムがぐるぐる回っていて、なんでかな?と思ったらそういうことだっ…

「レビュー夏のおどり」をみた

OSK

今回は複数回見たので (もはや家族は何も言わなくなった…) 「せり下がりする鍵盤ハーモニカ(青)(白)」両方見られて、なんか達成感… 娘役の扇子投げはいつも手に汗握っていた(いつかの逆立ち思い出した…) 千秋楽は落としてたけど、落としちゃったら楽屋まで謝…

サヨナラショー

今朝、またDVDが届いた。 なんの間違い?と、思ったら 「高世麻央サヨナラショー」ですって。 今回は2枚組… 松竹座のサヨナラショー、見ていないのでとってもうれしい😃

レビュー春のおどり DVD

5月に予約した「レビュー春のおどり」DVDが届いた〜! 今年もショーの曲の差し替え? リズムは残ってるから〜ホネくらいはわかるかも〜? 「This is the moment 」がねー やっぱりねーどうかな〜?とは思ったのよ。 他にもあったよねー 「ヒーハー!」はかろ…

This is the moment!

OSK

OSK日本歌劇団/春のおどり/大阪 松竹座 「せり下がりするピアニカ(青)」というのを初めてみた。 ホントはここはグランドピアノってとこなんだろうか…ピアノは練習大変だし、楽器の管理も大変だし…第一あのせりにピアノ入るのかな?というわけでピアニカなの…

桜は散り際が美しい

満開の桜も好きだけど、散り際が好きだ。風に舞う花びらを眺めていると寂しいけど、美しいと思う。 真麻里都さん退団するんですねぇ… 最近の舞台を見ると清潔な中にも影のある男の色気というものを感じ、OSKでまだまだみたいな!と思っていたので心残りが〜 …

春だなぁ

OSK

ニコニコ動画みました〜 OSK、今年は新入団員10名ですって。 皆さん美人〜 ナゾだった芸名もやっと判明… 研修所入所は「クリスタル・パッション」をみて決めたとか「プリメール物語」みて決めたとか…なんか時代を感じる…「春のおどり」じゃないんだね〜 劇場…

観劇記録「リビング」

もう2年前になるが荻田浩一書き下ろしの「リビング」というお芝居を赤坂Red Theaterにみにいった。 コメディプレイ『リビング』脚本・演出荻田浩一出演栗山航舞羽美海三上俊佐野大樹大野幸人香坂千晶治田 敦作演出 荻田浩一 赤坂Red Theater ストーリーは… …

このよのものならぬもの

宝塚歌劇団 花組 「ポーの一族」を見た。 (漫画は中学生の頃友達に借りて読んだはずだが何にも覚えてない…ヴァンパイアの話なのは覚えてるけど) 「この世の者ならぬ者」 諸事情からヴァンパイアになり、14歳で時の止まった美少年エドガーの物語。 あの萩尾望…

気楽で明るく希望があれば…

宝塚歌劇団 花組「TAXED JAZZ」をテレビでみた。 荻田浩一レビューをテレビで… 信者なのでみる。 2007年の作品。 私が宝塚みたことなかった頃。 (あの頃は小さい子どもがいたので小学区内からほとんど出なかった…) 高画質で見やすくなってた (◯Kテレビで観る…

OSK版 三銃士 東京公演

OSK

銀座博品館劇場 2/25 東京公演千秋楽 東京でのOSK版「三銃士」も見納め。 途中、舞台セットにアクシデントがあったようですが (なんか倒れた?)数分後、上演再開となりました。 前回書いた通り場面転換が多くてスピード感がある作品。 上演時間2時間40分(休…

三銃士 La seconde

OSK

銀座博品館劇場 2/23 初日14:30 の回を見ました。 レビュー劇団OSKのミュージカル。 銀座博品館劇場。もはや東京のホーム劇場?と思えるほど回数を重ねてきました。 (三越劇場公演もお願いしますよ…)まず、感動したのが「完売?」と思う程客席が埋まってる!…

大航海

宝塚歌劇団 雪組 「ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜/SUPER VOYAGER!」 ご縁があったのかなんなのか、3回も観てしまった。 「友の会」入ってない、FC関係なし、コネなし、だいもんファンではない、のに3回も観てしまったので記録を…

夢の中に生きる者として…

OSK

この言葉はとある音楽家が言ってたお言葉。 言っていたのは音楽家ですが、歌劇スターにピッタリだなーと思っていつかこのフレーズ使ってみたくてメモしてました。 遂に使う時がきた! 高世さんは私にとって「夢の中に生きる」ひとなのです。私が初めてOSKを…

大震災のおもいで

23年前は関西に住んでいた。 当時住んでいたのはマンションの3階で、揺れと同時に青白い光がパチパチっとしたのが見えた。電線がショートしたのだろう。 揺れが収まってから、電気、ガス、水道、電話が使えるか確認し、まず夫と自分の実家に「今、大きな地震…

真面目に

最近忙しい…原因は私が愚図だから…「愚図の大忙し」ってやつ。 生活がどうも整わず、睡眠不足に陥ることもしばしば。 せっかくの観劇が頭がボーっとして内容が頭に入ってこない…起きてても記憶が途切れ途切れなのか⁇ それってヒトとしてまずくないか? 残り…

ありすぎな観劇

ある時、生まれて初めて宝塚の「風と共に去りぬ」を観劇していた。 物語の序盤、登場人物の1人がドアを開けて入ってくるシーンで、ドアを開けると同時に「愛のあいさつ」が流れてきた。BGMなんだろうと思ったら誰かの携帯着信音だった…(電話出て喋ってるし…)…

今年も桜を楽しみに

OSK

桜の会からの年賀状、今年のメッセージは穂香めぐみさんからでした。 OSK愛を感じるサインです。先日OSK真岡公演に行った時、真岡の地酒「桜川」を買うのを忘れたのだがとあるご厚意によりいただきました。コレ呑んでひとりで浮かれよう。このブログ、すっか…